エピソードについて

古代エジプトやローマ時代からペパーミントは使われてきました。現在のようにペパーミントのエッセンシャルオイルを精製する能力がなかった時代からつかわれていました。その時代では抽出液をとりだしてつかっていました。すっとする効果がありますからふ眠気を取り除く効果があり、眠気覚ましや朝からすっきりとしたい場合に使用されたりしていました。古代ローマでは頭にペパーミントで編んだ冠をかぶってお酒を飲んでいました。これはお酒を飲んだ場合にいい感じで酔ベッドいがまわるからといわれていて、古代の人々が直感的にこのことを知っていたことを表しています。また現在でもペパーミントの味の歯磨き粉があるように、昔から歯磨き粉としてつかわれていました。また消臭や抗菌効果が高いので、臭い消しに有効です。昔は衛生状態が悪かったので非常に重宝していました。神話にも登場していて、王様に寵愛された妖精が王様の奥さんの怒りをかって、地味な草に変えられてしまったというエピソードがあります。それでも地味な草になっても魅力的な香りをふりまいているという逸話が残っています。このように古代エジプトの時代から、魅力的な香りで現在に続くまで、重宝されています。

Comments are closed.