お肌への効能について

近頃、美容に敏感な女性達の間で、お肌に優しいエッセンシャルオイルが話題に上がっています。
エッセンシャルオイルは精油とも呼ばれ、アロマテラピーなどのシーンによく使用されます。
植物の葉や花から作られるもので、揮発性であり使用される植物の違いにより、様々な香りがします。
その中でもペパーミントをつかったエッセンシャルオイルは、爽やかな香りが魅力のオイルです。
ペパーミントというのは、ウォーターミントとスペアミントが自然に交配して出来た品種であり、その香りから眠気覚ましや集中したい時などに良く使われる香りです。
その他に重要な作用として、麻酔作用が挙げられます。例えば、頭痛がする時などにこめかみあたりにオイルを塗り込むと、痛みが緩和されるという事が実証されています。
椅子と絵画と花また、肌への効果として大きいのはペパーミントには麻酔作用の他に冷却作用がある事です。
これにより、肌にかゆみや日焼けなどによるほてりの炎症がおこっている場合、ペパーミントのエッセンシャルオイルを使うことによって、かゆみを鎮めてほてった肌を冷やし、炎症を緩和させる事が可能なのです。
また、花粉症などの緩和にも有効です。タオルなどにオイルを数滴たらして置いておけば、香りが広がり花粉症が楽になります。

Comments are closed.