精神面への効能について

ペパーミントはシソ科の植物で花と葉から取れるアロマオイルで別名西洋ハッカと呼ばれます。
成分は、メントール、メントン、リモネン、ネオメントール、イソメントン、酢酸メンチルなどです。
爽快感のある強いハーブの香りで歯磨き粉やお菓子、お酒などにも使用されているために、広く知られている香りです。
刺激が強いために防虫殺菌、消臭効果があり、冷却効果もあることから筋肉痛、歯痛、頭痛などにも役立ちます。
椅子02強い爽快感のある香りは鼻詰まりを解消するためによく利用されているのです。
精神面での効能は、神経の疲労、うつ状態を和らげる効果があり、怒りの感情を抑えたいとき、気力を上げ炊いとき、イライラしたり情緒不安定なときなどに活用できます。
独特な刺激のある香りで頭をすっきりとリフレッシュさせるため眠気覚ましにも最適で、ガムなどの香料として広く利用されています。
車の運転時など集中力を要する場面でもよく選ばれるアロマオイルです。
香りも成分も強いアロマオイルのため、妊娠中、子供には使用を控えます。
皮膚や粘膜に直接つけることは避け、濃度は0.5パーセント以下で使用します。敏感肌の人は刺激を感じやすいので様子を見ながら慎重に使用する必要があります。

Comments are closed.